読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akastubaki’s blog

思い立ったが吉日日記。

絵の話。

昨日、家にあるラッセンの絵の話をしたので
もうひとつ、絵のお話。

全然、絵に詳しいわけではないけれど
昔から絵を見るのはまぁまぁ好きだった。

だけど芸術のことなんて全然わらかないし
ただ、なんとなくこの絵好きだわ、とか
そんな程度。


小学校の頃に行ってた歯医者さんの治療台の
前の壁に飾ってあった絵が大好きだった。

f:id:akastubaki:20170419144709p:plain
  ↑
こんな感じの絵だったと思う。
細かい絵、町並みの絵だったような気がする
とにかく色が鮮やかでカーニバルみたい。



私は昔から歯医者が大の苦手。

痛いのが嫌なのではなくて
治療が怖いとかそういうのでもない。

口の中に異物を突っ込まれるのが嫌いなのだ。
私の口は食べ物以外受け付けない(笑)

食べ物でも口いっぱいほおばりすぎると
おえぇってなっちゃうし(笑)

シュノーケルとかもダメだし
マウスピースとかも絶対無理。


口をあけて、ミラーでチェックする
それだけでも「おえぇぇぇ~!!」となる(笑)

吐き気が止まらなくなるのだ。


百歩譲ってドリルだのその類は良しとしても

型をとる時なんて地獄だ。
奥歯の型とりなんて
「おえぇぇぇ~!!」
「おえぇぇぇ~!!」の連発。

涙目になりながら嗚咽。

本当に辛い。

動いちゃうから一回で型とれず
何回もやることになるし・・・。

子供の頃からそう。

今でもたぶんきっと同じ。

最近は歯医者で型をとるような事態に
陥ってないが、いつか詰め物が取れたら
またあれをやらなければならないのかと思うと
それだけでストレスだ。


そんな私を癒してくれたのが、
治療台の前に飾られた一枚の絵。


その絵を見ると、ちょっとだけ、
ほんのちょっとだけだけど、気持ちが楽になった。


まだ子供だったからその絵が誰の絵かも知らず
ただ、いいな~って歯医者に行くたびに見ていた。


高校生になって、学校帰りに洋服屋さんや
雑貨屋さん、インテリア館など寄り道をたまにしていた。

今でも覚えている。
当時はまだ小田原の駅前に丸井があった。
そこのインテリア館に色々な絵が額に入って売られていた。

レプリカっていうのかな?

いろんな画家の絵がインテリアとして飾れるように
額に入った状態で売られていた。

その時初めて歯医者さんに飾ってあった絵が
「ヒロヤマガタ」という人の作品だと知った。

インテリア館に何枚か「ヒロヤマガタ」の絵があった。
高校生のお小遣いでも買えるくらいのお値段だった。

とはいえ、そんなに安くも無かった(笑)

小さいポストカード程度のものならすぐに
買えるくらいのお値段。

でもどうせなら大きめのが欲しいなぁ。

数枚ある中でもとても気に入った絵があった。

たしか「小さな花屋」というタイトルだったかな。

明るくて可愛くてにぎやかな感じの絵がとても気に入った。

思えば、高校の頃からアートギャラリー的なものがあると
よくみに行っていた。自分が歯医者でいいな、と感じた
あの絵が「ヒロヤマガタ」という人の絵と知ってから、

「ヒロヤマガタ」が展示される場所にはよく行った。

そこでポスターを買ったりしていた。
部屋にも数枚貼ってあった。


ある日バイト代がちょっと多めに出たので
インテリア館に行き、「小さな花屋」の絵を買った。

f:id:akastubaki:20170419144733j:plain
 ↑
この絵です。

おもえば、私、
このころから絵を買う人だったのかもしれませんね(笑)

この絵はレプリカだしもうだいぶ色もあせてしまっていたから
嫁入り道具としては実家からは持ち出さなかった。


昔、私が使っていた部屋はもう父の部屋となって
絵も取り外されてしまっている。
おそらくもう、捨てられていることだろう(笑)


他の作家さんの作品とか
自分の好きな「ヒロヤマガタ」「ラッセン」ですら
全部の絵が好きというわけでもない。


本当に好きな絵は数点だし、

作家がどんな人とか全然勉強する気にもならない。

ただ、その絵が好きなだけね(笑)

でも、こんな色鮮やかで明るくて楽しい気持ちに
してくれる絵を書いてる人ってどんな人?

「ヒロヤマガタ」とはどんな人だろう?って
思ってちょっとだけ調べたことはありました。


なんていうか、普通のおじさんでした(笑)←失礼??

いつも明るい作品ばっかりなのに


くらーい作品を見つけたときあってその絵をみたとき
おじさん!!この時、なんかあったの??って勝手に心配したり(笑)

それがこちらの絵。

f:id:akastubaki:20170421090727p:plain

作品タイトル『レイニーデイ2』ってことなんで
たぶん「レイニーデイ1」とういうのも存在したこと
あるんだろうね?

あきらかに今までと色使いが違うからびっくりしたよね。

でも、これはこれで嫌いじゃないし、

いつのも絵とは対照的だけど、
きっとこういう絵があるから明るい絵がより引き立つし

明るく色鮮やかな絵を描いていても、人間だれだって
ちょっと、明るくばかりはいられないそんな日もあるから

色のない絵を描きたい気持ちになることもあるんだろうな、
ってそんな風に勝手に想像してました。


なのでこの「レイニーデイ」とタイトルは忘れてしまったけれど
一番最初に載せた写真みたいに明るい町並みの絵のポスターを
あえて、となり同士に部屋のふすまに貼って「明」「暗」
楽しんでいました。


最近は絵を見て楽しむまでの心の余裕がないかな。

余裕が無いときこそいい絵を眺める時間が
必要って気もするけれどね。


とりあえず、最近は天気もよくてリアルな景色で
癒されたりしているから、まぁいいかな。


絵に関するお話はこれくらいかな。


おしまい。