akastubaki’s blog

思い立ったが吉日日記。

夏を満喫(日曜日編)

さて、今回は日曜日編。


私には会社でなんとなく気が合い、
ちょくちょく飲みに行ったり、
遊びに行ったりする愉快な仲間がいる。

総勢9名の〇〇←社名が入る女子会と
名づけられた会。ラインでもグループ登録がされている。


働く部署も年齢もバラバラ、
30代前半の独身女子から50台の
本人にはおばちゃん!とは
なかなか言いづらいが(笑)

そう呼んでもおかしくないくらい
年上の先輩、バツ一子持ちのお母さんや私のように
働く子持ち主婦、既婚だが子無しとか、まぁ本当に様々。


基本、お酒を飲む集まりが主体だが、
たまに休日イチゴ狩りだの
旅行会社のバス旅行に一緒に申し込んで
出かけたり、子連れでも楽しめるコースを
見てまわったりして活動の幅も広い。

で、昨日は子供が居る家庭数名と独身で
子供は居ないが姪っ子、甥っ子を連れて
きたりで4家族が集合して「山梨わんぱくツアー」とか
そんなネーミングの旅行会社のバス旅行に参加してきた。


遠出をすると車酔いをするようになった娘は
旦那とお留守番。
今回は息子だけを連れて参加することに。

旅のスケジュールは盛りだくさん。

・酒造での試飲&アイスキャンデーのプレゼント
 +天然水のペットボトル1人1本+
 ぶどうゼリー2個プレゼント

・昼食(BBQ&流しそうめん
 デザートにカキ氷

・スイカ割り その場で食べれる

・こけ玉つくり 作ったものお持ち帰り

・桃狩り 1人1個お持ち帰り

・カブトムシ取り 
 オス・メス1匹ずつお持ち帰り

・マスのつかみどり 
 マスの塩焼き1本プレゼント

・ヨーヨー釣り

・ハーブ園でピーチティ 飲み放題。 
 ブルベリー100%ジュース試飲

とまぁ、なにしろ盛りだくさんのツアー。

子供のお目当てはやっぱりカブトムシ捕り。
そして私はもちろん桃狩り!!


子連れのバス旅行というとやっぱり
どうしても心配なのがおトイレ問題。
どんなに出発前にトイレに行っても
寄る場所で必ずトイレに行っても
こればかりはねぇ?

暑いから飲み物、
控えすぎるのも熱中症が怖いしね。
まぁ、昨日も始終、トイレは? 
トイレ平気?と何度聞いたことかな(笑)


行きのトイレ休憩のちょっと前に
「お母さん、トイレ行きたい」マジで?
バス乗る前に行ったのにねぇ、ちゃんと。

「うんちでる」
あぁ、ウンチかそりゃ仕方ないね
おしっこと違って出しときな!って訳に
いかないものね。

でもこの時はセーフ。
息子がトイレに行きたいと言い出してすぐに
トイレ休憩のサービスエリアに到着したからね。

息子がトイレに行ってる間に小さな
サービスエリア内を見渡すと
ソフトクリーム屋さんかな?

牛の置物が置いてあって、旅の妙なテンションで
写真をつい何枚も撮ってしまった(笑)

f:id:akastubaki:20170731142158j:plain

さて、トイレ問題の最大の心配事、ウンチ問題(笑)
とりあえず、今1回 ウンチがでてしまえば
今日一日息子のウンチはもう安心。
おなかを壊したりしなければだいたい
1日1回だしね(笑)


あ、そうそうこのトイレ休憩のときに
発覚したことがある。

トイレに行くためバスを降りると
見覚えのある姿を発見。
総務部の40代の男性とその息子らしき子供一人。


「なんでいるのーーーー??(爆笑)」

で、悟った。


というのも、数日前、この人と個人的な
お願いをするためラインのやりとりを
していたとき、最後の方のやりとりで
そういえば、はるさん、今度バス旅行に
行くそうですね?いいな、僕も行きたいな、
などと言っていた。

女子会メンバーの中に総務の女の子も
いたのでまぁ、話が漏れることは
過去にも多々あったから
今回もそうなのだろうとおもって、
お土産を催促されているのかと
その時は思っていたけど。

が、今思いかえしてみるとこの時、
既に彼の参加も決まっていたのだろう。

私ともう一人の女の子だけが
知らされていなくて
総務の子と今回旅行会社に
申し込みの手配をしてくれた
先輩だけが知っていたみたい。

なに?
このサプライズゲスト的やつ(笑)

私たちはバスの最後部に座っていて、
彼と子供は最前列。
だから全然気づかなかった(笑)

集合場所でも見かけなかったし、
おどろかすために、
ひっそり息を潜めていたのだろうか(笑)
なんにせよ、
別に嬉しいゲストではないけど

まぁ、
サプライズとしては成功かな?(笑)

彼もお父さんだ。
夏休みの思い出に息子とどこかに
おでかけしたかったのだろう。
そして、たまたま耳に入った
この女子会ツアーに便乗した様子(笑)

そんなサプライズがあった
トイレ休憩は終わり
バスはまた走りだす。


で、最初の目的地、酒造に到着。
見たい人は蔵の見学・案内しますよ~と
これは希望者のみ

お土産売り場でワインとぶどうジュース、
日本酒の試飲

乗り物酔いしやすい私。 
お酒はやめておこおうかと思ってたけど
量もほんの一口程度だし
せっかくだから飲んじゃおう!!って
飲んじゃった。

さくらんぼのワインとぶどうのワイン、日本酒。
どれも飲みやすかった。

ここで早くも旦那用に日本酒と
今回この旅に参加しなかった
女子会メンバーにお土産を買った。


バスに乗り込むとツアーの特典の
天然水とゼリー、それからソーダ味の
アイスキャンディーが配られる。


そこから走ること30分。


昼食の会場に到着。


添乗員さんに案内されて中へすすむ。
入りぐちのあたりの天井には造り物の
ぶどうがぶら下がっていた。
途中から本物のぶどうがぶら下がり始め、
あれ?これ?ほんもの?にせもの?どっち??
なんて疑問に思いながらも進む。

BBQ会場の天井は本物のぶどうがいっぱいなっている。
ぶどうの葉っぱで日陰にはなっているが暑い!!

f:id:akastubaki:20170731142233j:plain


BBQの鉄板の熱か、
はたまた大勢のツアー客の熱気か(笑)

とにかく暑い!!柱に扇風機がついているが
私たちが座ったところの扇風機は動いておらず
ヒモを勝手にひっぱってみたが動かない・・・。


あちぃ。

席に案内されると鉄板はもう熱くなって
スタンバイOK!!な感じ。

f:id:akastubaki:20170731145959j:plain


がその前に、ここでこのツアーの
お楽しみ企画のひとつ

子供達のみ流しそうめん体験。

つけ汁とそうめんをもらいにいき
BBQ会場のはじに設置された
流しそうめん台へ。

流しそうめんというと傾斜の着いた場所を
流れてくイメージだったけど傾斜はなく、
水の勢いのみで横にながれていくシステム。


子供たちをスタンバイさせて
大人が麺を流してあげることに

でも麺がほぐれない(笑)一気におわんの麺を入れると
水の勢いが穏やかなので麺が重くて流れていかない。

それでもなんとか箸でほぐして子供達の元へ。
流しそうめん体験初めての息子も楽しそうだった。

流しそうめんをちょっと慌しい感じで体験して
今度はいよいよBBQ 
1人前が結構ボリューム満てんだ(野菜が)

もう少しお肉が欲しい(笑)

少ないお肉はなるべく息子へ。 
あぁ、親ごころ??(笑) 
そんなことばかりしてるから
息子はぽっちゃりさんになっってしまったのか??(笑)

ベジタリアンか!!ってくらい
私は野菜を食べる。

でも、いいの!!

野菜大好きですからーーー!!


食べ終わった方からお子様たち、
スイカ割りしますので
こちらの会場へどうぞ~!!と
やんわり早く食べてこっちに来い的な?
声が聞こえ(笑)

誘導されるままにスイカ割りの会場へ。

親が子供を声で誘導して最後に一振りして終わり。
残念ながらわが子はスイカに棒が当たらなかった。
いい場所に誘導するまでに人一倍時間が
かかったのに(笑) 
でも楽しそうだった。

案外誘導する大人も熱くなっていた(笑)


割ったスイカは食べ放題だった。
とはいえ、ごはんも食べた後だから
いっぱい食べて~!!なんて言われても
そんなにね?食べれないよね(笑)

f:id:akastubaki:20170731144705j:plain

スイカ割りの後はこけ玉つくり体験。

泥団子をつくりその周りに
コケをはりつけ種を埋めて完成!

このこけ玉はまぁ、
うまいことちゃんと芽がでて完成したら
また載せたいと思います。

昼食の会場での詰め込むような催しが
ひとまずおわり。
集合時間までの数分、お土産屋さんを見ていると

な、な、な、なんと!! 
2個で2000円!!

プレミアムな桃発見!

f:id:akastubaki:20170731144649j:plain

まぁね?
確かに大きくて美味しそうだけど・・・・。
1個1000円は無理だわってことで
写真だけ撮ってみた(笑)


バスに乗り込み移動。
次は私の一番のお楽しみ桃狩り!!

添乗員さんいわく、
一般のお客さんが桃狩りをするのに
只今2時間待ちだそうですと教えてくれた。

2時間待ち・・・そりゃ大変だ。
こんな時バスツアーはいいよね!
順番待ちなんてないし、
桃園のすぐ横までバスで行ってくれるし。

ついに到着!!

ひゃっほーーーい!!

桃がいっぱいなってるぅ~!!


f:id:akastubaki:20170731142359j:plain

一人1個しかもいじゃいけないから
二つだけしか取れないけど
どれにしようかなぁ~って厳選して選んで
大きくて、甘そうな桃GET!!

f:id:akastubaki:20170731142406j:plain


桃とったどーーー!!
って記念撮影もそこそこにたわわに実る
桃に見入っていると

息子が「お母さん、おしっこ行きたい」

えーーー!!
さっきのBBQ会場でるときに行ったのに!

あれからまだ10分と経ってないのに!!

まぁ、仕方ない。

BBQの時すごい滝のように汗かいてたから
お茶のおかわりしまくってるの黙認してたんだけど。
そのあとスイカも食べてたしね、仕方ないか。

農園のおじいちゃんに聞いたら
男の子なら畑の端っこでしてもいいよ、と
言ってもらえてチャチャッと済ませる。 
ホッ。助かった。

子供とのおでかけは本当に
トイレにハラハラさせられるよね(笑)


もっと採りたかったけど、昨日、
ぶどう狩りも楽しんだしね?
まぁ、今日は2個で見逃してやるぜーーー!!なんて
言いながらバスへ戻る。
あぁ~バスの中は涼しい!!


またもバスは次の目的地へ。
このバス旅行最後の立ち寄り所だ。

そして子供たちお待ちかねの
かぶとむし捕り!!

ハーブ庭園を係りの人の
説明を聞きながら歩く

ピーチティの飲み放題と
ブルーベリーの100%ジュースを
飲むだけ飲んで、買わない(笑)

まぁ、みんなそんなもんだよねーーー。

ハーブ園の散策終了。

待ちに待ったカブトムシにご対面!!

f:id:akastubaki:20170731142250j:plain

こんな感じにアミに囲われたカブトムシ園。
ちょっと暗くて涼しい感じ。

オスは木にいますよーーー。
メスはこの時間は土の中にもぐってしまうので
おがくずプールの中にいますので探してくださいと
言われカブトムシ捜索開始!

わりとすぐに発見!!

f:id:akastubaki:20170731142314j:plain

オス・メス1匹ずつしかもって帰れないので
とりあえずキープして次のカブトムシを探す
で、みつけたらどっちが大きいか見比べて
大きい方をケースに入れる作戦。

1匹目、2匹目とわりと簡単に見つかったけど
それ以降はなかなか見つからない。

f:id:akastubaki:20170731142300j:plain

まだ1匹も捕まえられない子もいたので
3匹目発見したときはその子に教えてあげたり
結構、この「探す」という行為を楽しめた。

ほら、ウジャウジャ居すぎてもなんか
「あ!!見つけた!!」って感じが薄れるし、
ほどよい量のカブトムシに満足。

息子はもうちょっといっぱいいて
ほしそうだったけどね。

メスもゲットしてカブトムシ園をでる。

お次はマスのつかみ取り。

てっきり手づかみで捕まえるのかと思ったら
大きなカゴが準備されていて
それで追い込んですくう感じ。

最初はちょっとビビッてた息子も慣れ始めて
ダイナミックに魚を追う。全身水浸し。 
もちろんお着替え持参できたから
好きなだけどうぞ~って感じね。


f:id:akastubaki:20170731142325j:plain

気がすむまで魚をとったら着替えて
マスの塩焼きを食べる。
美味しいよね~ 川魚の塩焼きってね。

外で食べるから
余計に美味しく感じるよね!!



残念ながらあとまだ少し時間あったけど
雨が降ってきてしまった。


あわてて帰り支度をして
しっかりトイレも済ませてバスへ。


帰りのバスではビデオを流してくれたので
子供は寝る様子もなくビデオ鑑賞しながら
合間にカブトムシを見てはるんるん。


昨日は渋滞を避けるために
行きも帰りも予定とは違う道を走ったみたい。

帰りも急遽箱根を越える経路になった。


走り始めて1時間ちょっと経った頃
息子の本日3回目の「トイレ行きたい」だ。


あぁ、もうね? 
聞き飽きましたよ、その言葉。


でも仕方ないよね。


高速を走ってるわけじゃないから
バスが止まれるトイレは限られている


帰りのバスの説明でトイレ休憩の説明なかったから
もしかしたらこのまま終着までトイレ休憩が
ないのかもしれない。

とてもじゃないが、
息子が最後まで我慢できるとは思えない
おそらくあと1時間はかかるであろう場所にいる。

しょうがないので、添乗員さのもとへいき
トイレ休憩はないのですか?と聞くと

はい、わかりました。
ではとれそうなところで停まりますねと
いうことで5分後くらいには小さな道沿いの
トイレに停まってくれた。

バスが停車すると、
案外たくさんの人がトイレに降りたのを見て
これは勇気を出して正解だったのだと思った(笑)


うちが言い出さなかったら終着までトイレ休憩は
とってもらえなかった様子だったからね。


トイレ我慢していた
ほかの乗客さんたちーーーー!!


感謝してよねーーーーーー!!(笑)

かくして、私のトイレ戦争は幕を閉じた。



って、トイレの話題で
締めくくってよかったのか!?(笑)

まぁ、いいか。







おしまい。