akastubaki’s blog

思い立ったが吉日日記。

旦那のリフレッシュ休暇。

我が旦那、本日リフレッシュ休暇最終日。

先週の土曜は夜勤をこなし、
夜勤明けの日曜は午前中少し仮眠をとった後
午後から私が美容院だったため、
子供達を一応子守り。って寝ながらだけど

まぁ、たとえ寝ていても、
子供になにかあったとき家に居てくれるだけでもありがたい。

月曜日(祝)は前日の(例のボーリング騒ぎ)自分の任務を
私に丸投げして仕事へ。

で、火曜~木曜の3日間、
先週の土曜日にいきなり与えられたリフレッシュ休暇。


旦那が働く印刷課はとにかく休みが少ない。


日勤 朝8:00~夜の8:00まで
夜勤 夜8:00~朝の8:00まで

月~土曜日までびっちり。


一週間交代で日勤&夜勤を繰り返す。


昔は土曜の夜勤はない日もあったが
ここ何年は土曜もあたりまえのように夜勤がある

夜勤明けの日曜は寝て過ごすことが多いため
休日とはいえない。

寝て、起きて、少しのんびりしたらもう夜だ。


旦那は私と同様、高校卒業後今の会社に入社。
私より4つ年上。


25年以上、ずっとこんな過酷な勤務をこなしてきた。

つい最近、旦那がとても可愛がり仕事を教えてきた
30代前半の若い後輩が、
2交代制があまりにもしんどいという事で
移動願いを出し、別の職場に移動した。


印刷課にいる人達、
夏は40度近くある工場の中で汗だくになって
働いている。

工場の設計ミスとかエアコンがボロすぎるとか
要因はたくさんあるが、工場内の空調管理がされない中
毎日ヘトヘトになりがら働いている。


体力的にも精神的にも辛いとギブアップし、
会社をやめていく人もいる。


旦那もたまには愚痴を吐いたりすることもあるが
おそらく、愚痴や不満を漏らすこと
他の人に比べたらはるかに少ないと思う。


体力的なタフさや、精神的なタフさを持つ旦那を
私はとても尊敬している。


本当に尊敬している。


私は仕事にプライドを持って取り組む男が好きなのだ。


毎日、毎日、嫌々仕事をして不平不満を家庭に持ち込み
グダグダグダグダ言ってる男が大嫌い。


自分の旦那がそんな男じゃなくて本当に良かったと思う。
って、そんな人なら結婚していなかったしね(笑)


男が仕事を頑張ってくれるなら
女の私はそれをサポートしたいと思う。


私がどんなに頑張って働いても正直旦那ほど収入を
得られるとは思えない。

共働きといえど、収入には差があるし、
私は好きで仕事をしている。

もちろん、自分が働かなかったら生活はかなり苦しい。
お金の為に働いているのは大前提なわけだが

結婚を決めたとき自分が仕事を辞めて家庭に入るのか
それとも働き続けるのか、という話になったとき

私は「働きたい」と言った。

専業主婦になることへの恐怖があった。

自分の世界が家の中だけになるのが嫌だった。

自分には友達も仲間もそこそこいるけれど
金銭的に余裕がなければ、
友達との飲み会もレジャーも削らないと
いけなくなるし、

そんなのつまらねーーー!!! 

ってね(笑)

後々、聞いた話だと
本当は旦那は妻には専業主婦でいてほしかったらしい。

というのも、妻は家をしっかりと守るべき!!とか
そういうことではなく、

奥さんを外で働かせなければならないほど
男に甲斐性がないのか?と
世間に見られるのが嫌だったらしい(笑)

男のプライドの問題ね(笑)

今となっては私が働き、
収入を得ること、とても助かっていると
一応感謝してくれているようですけど(笑)


そりゃ、そうよね、あなたの無駄遣い代、
私がせっせと稼いでやってるようなもんですしね。


まぁ、今の世の中、共働きは当たり前って感じだし。


旦那は亭主関白とはちょっとちがうけれど
まぁ、家事は一切やらない。


でも、その件に関しては特に大きな不満はない。

そりゃ、ちょっとくらいはね?

やってくれてもいいんじゃね?って思うときもあるけれど

私にも女のプライドってのがあって。

基本、男の人には日常の家事・炊事を
背負わせることなく自分でこなしたいと思っている。

なんていうか、
旦那が妻一人食わせていくこともできないのか?と
世間様から見られることが嫌なように


私も、一家の大黒柱に家事・炊事を
強要しなければならないほど
主婦としての能力が足りないのか!?と
思われるのが嫌なのよね。


旦那に家のことを丸投げして、
自分はただふんぞり返ってる、とか。
そんな姿の自分は見たくないんだよね。


旦那も私もきっと、
古き良き、昭和の時代の男と女に
憧れを持っているのだろう。


平成の世で生活をしていると
「男も家事をやって当たり前」が当たり前になってる


ん?


なんか表現おかしくなってる??(笑)


なんでもそうなんだけど


やって当たり前って思いたくない。


もちろん


やってもらって当たり前だとも思いたくない。


なんでも「やりたいからやる」この気持ちを忘れたくない。


「旦那のサポートをしたいから」と始めた家事も炊事も

結婚して時が経つと、旦那を好きな気持ちとかも薄れて
「尽くしたい」「快適な空間をあなたにあげたい」とか
そんな純粋な気持ちを忘れてしまう。

となると、家事も炊事も洗濯も 
どれもこれも負担に感じるようになる。

自分のことは自分でやってよね!!的な
気持ちに支配されて好きな人の身の回りのことを
お世話する喜びみたいなものまでも忘れてしまう。


今、忘れてしまっている。


この事実が悲しい。


結婚当初
「あなたが好きだから」とついつい
お世話をしすぎてしまったかな?(笑)


ずいぶん、
私はあなたを調子にのらせてしまった模様ね。


やってもらって当たり前な生活を
何年も続けてきてしまったから、
最初が肝心だというけれど、ほんとね(笑)


今さら、あなたを家事も育児もやる!!みたいな
平成男子に仕立てあげるのは無理そうね(笑)

あなたがこうなってしまったのは
ある意味私にも責任があるのでしょうね?


家事・炊事をしないあなただけど、
最近子供と一緒に遊ぶことは
だいぶ楽しんでくれているようですね。


夜勤明けで子守をしたり、
あなたがタフなのをいいことに
わりと頼ってしまってます。


結構、頑張って子守してくれているの
私はわかってますけど、

残念ながら娘にはまだ伝わりきれてない様子で
このリフレッシュ休暇の3日間のうち1日、
娘と遊ぼうと思ったあなたが娘に

「お父さんと居るのと、保育園に行くのどっちがいい?」と
聞いたら、娘即答で「保育園!!」って答えてる姿を見て
ちょっと同情しましたよ(笑)

と、同時にちょっとざまぁみろ!とも思いました(笑)

あなたが自由にパチンコへ行き、居眠りをし、
気分が乗ったときだけ子供と遊ぶ、ってそんな生活を
送ってきたから当然でしょ?って

日々、自分の時間を割いて、割いて、割きまくって
子供とのふれあいに時間を使ってきた私とは
違うのよ~!!ってね(笑)

同じ質問を私がしたのなら、娘は間違いなく
保育園より私を選んでくれるって自信ありますしね!


結局、昨日一日だけ保育園お休みさせました。


昨日は一日、娘とお父さん、二人きりの時間を
たっぷり過ごせたようで良かったです。

私が仕事から帰ると、娘も楽しかったようで
何処に行ったとか、何をしたとか
一生懸命話してくれましたよね。


ねぇ?そんな姿を見ると嬉しくなるでしょう?
自分とおでかけして、それを嬉しそうに私に話す姿。

キュンとしませんか?


いい、リフレッシュ休暇になったんじゃないですかね?


そして、最終日の今日は給料日まえだから
おこづかい少ししか渡せなかったけど、


大好きなパチンコへ。


背中から羽が見えるようでしたよ(笑)


新装開店したばかりのパチンコ屋さん
勝てる確率、ちょっと高めだと思うので
ぜひとも勝ってきていただきたい!!


いつもパチンコで勝ったお金を
ちゃんと丸ごと報告し、全て没収しても
文句ひとつ言わないところ、好きですよ(笑)

まぁ、当たり前ですけど、
パチンコ代、生活費から出てますからね?
勝てるといいですね。


今日のパチンコで少しでも勝てたなら
リフレッシュ休暇最終日としては
最高の終わり方じゃないですかねぇ?


3日間、良い休日を過ごし、リフレッシュしたのだから
明日からはまた過酷な労働頑張ってくださいね。







おしまい。