akastubaki’s blog

思い立ったが吉日日記。

愛ラブ、てんとう虫。

昨日、子供と一緒に公園へ。

四季折々の花が咲く大好きな公園。
昨日は公園ではなく公園隣の畑に咲く
菜の花が超絶きれいでした!!
f:id:akastubaki:20180319131314j:plain



1,2週間前かな?
この公園に遊びに行ったら
日当たりのよい場所にてんとう虫がたくさん。

私は昔からてんとう虫が大好きだ。

あの赤い背中に黒い点。

暖かくなり始めた春頃に
あたりを緑に染め始める若草、
その中に可愛らしく動く赤い点。

チョコチョコ動いて葉っぱの先から
飛び立つ姿がなんとも、なんとも愛おしい!!

大好きだぜ!!
てんとう虫よ!!


前回、行った時、子供と一緒にてんとう虫を
自分の手のひらの中に集め10匹近くかな?

手の中でうごめくてんとう虫。

いくら、好きとはいえ
握り締めた手のなかで虫がうごめくのは
快感とは言えないが(笑)


子供の前で手を開いて
一斉に逃げるように飛び立っていく
てんとう虫をみるのが楽しかった(笑)


子供も大興奮だったしね。



そんなわけで、その時決めたのです。

今度ここにくるときは何か容器を持参して
誰が一番てんとう虫を取れるか大会しよう!って(笑)


で、昨日行ってきました。


が、昨日はお天気は良かったものの
風が少し強かったせいか前回たくさんいた場所に
てんとう虫の姿はあまりなく。

もっとじゃんじゃん取れるはずだったのに
これじゃぁ、ちょっとつまらないよねぇ?と思いつつ
公園の周辺を散策するといかにもここには
いそうだ!!っていう場所発見。


カラスノエンドウがいっぱい生えてる場所。

で、近づいてみると大正解!!

あっちにチョロチョロ、こっちにチョロチョロ。
てんとう虫がいらっしゃるじゃない(笑)


あまりにもたくさん居過ぎても探す
楽しみが半減してしまうし、
居なすぎても子供はすぐに飽きてしまう。

昨日の場所は全てにおいて好条件だったな。

一応、息子、娘、母の三人で競争。

小さいペットボトルを家から1人1本づつ持参。

各自てんとう虫を探す。


娘は最初、なかなか見つけることができなくて
お兄ちゃんが次々に見つけていく姿をみて
ちょっとふてくされてめそめそしていたので

母が見つけたてんとう虫を娘に横流ししていたが(笑)
それが息子にバレると、あ!!ズルイ!!と
怒られるのでこっそり娘と取引をしていた(笑)


娘にてんとう虫を横流ししつつも
母としても負けるわけにはいかないので(笑)

自分の分も確保しつつ。


圧倒的に差がでても盛りあがらない。

てんとう虫大会を盛り上げるべく
母はちょっと裏工作?をしながら競技?(笑)は続く。



どれくらいとっていたのかなぁ?
時間の感覚が全然ないけど

なんとなくだいぶもう取ったしもういいんじゃね?的な
空気が子供達からでていたので終了。


各自取ったてんとう虫を一匹づつ
ペットボトルに移していき集計すると

第1位!! 母  28匹

第2位!! 娘  26匹

第3位!! 息子 21匹

と結果がでました。


息子はちゃんと自分で全部取っていたし
ビリだったけど、
娘の2位は私からの横ながしのおかげ。

その事実は息子もうっすら気付いてはいたものの
さすが、優しいお兄ちゃん!!特にそこは
掘り下げず、みんなでいっぱい取れたね!って
てんとう虫をみて満足そう。


取れたてんとう虫がこちら
f:id:akastubaki:20180319131139j:plain



ペットボトルの中に葉っぱを入れて
てんとう虫の離陸?ポイントをつくる。
f:id:akastubaki:20180319131158j:plain



次々に飛び立っていくてんとう虫たち。
f:id:akastubaki:20180319131227j:plain



飛び立っていくてんとう虫を
1匹、1匹、数えながら見送る子供達。
f:id:akastubaki:20180319131237j:plain



30匹くらいまでカウントしてたけど
さすがにちょっと飽きてきたので(笑)

最後は全部地面にぶちまけて
散りじり去っていくてんとう虫たちを見送りました。


ブログに動画を乗せる方法とか
わからないのでインスタグラムの方に
動画は乗せてあります!!

興味のある方は

ユーザーネーム  eruhaibo

こちらまで足をお運びくださいな♪

手から飛び立つてんとう虫の動画も
みれますよ~♪


そんなこんなでてんとう虫取り大会は
幕を閉じました(笑)



おそらく、次行われる大会は・・・
バッタ取り大会ですかね(笑)


これはてんとう虫の比じゃない程
大量に取れますから乞うご期待です!!


なんてね。



おしまい。