akastubaki’s blog

思い立ったが吉日日記。

あの日のお花見がなかったら。

今週のお題「お花見」

 
f:id:akastubaki:20180403112855j:image

春は出会いの季節。

きっと日本全国各所で様々な人が

今、この瞬間にも運命の出会いをしてるかも?(笑)

 

私の住む場所では桜はピークは過ぎたものの

まだまだ山の上の気温が比較的低いところでは

満開の桜があったりあたりを見回せば

街のところどころにピンク色のエリアがある。

 

私が今の会社に入社した年よりも

今年は桜の開花が早かったのかな?

 

今から22年前かな?

 

・・・・今、改めてびっくりしてます。

 

私、もうこの会社に入社してから22年も経つのか(笑)

我ながら、よく頑張ってるなぁ・・・。

 

周囲からは、ねぇ、アンタの会社ちょっとブラックじゃない?

休み少なすぎ!!残業多すぎ!働きすぎ!!と

言われ続けて20年以上(笑)

 

もうね?

 

ある意味洗脳されちゃってますから(笑)

これが当たり前って思っちゃってるとこあるし。

 

高校卒業後に初めて入った印刷会社。

まぁ、入社早々からわりとハードでしたよ。

だいぶ精神的にも体力的にも鍛えられましたよ、

この会社には。 良くも、悪くもね。

 

私がタフになったのはこの会社のおかげかも?(笑)

 

今は子供が生まれて基本、家庭重視のスタンスで

独身時代や子供が生まれる前の仕事の仕方と

違う仕事の仕方を選んでるので昔に比べたらね?

全然仕事量少ないかな。

 

 

・・・・おっとと。

 

話がお花見の話から脱線してしまった

軌道修正せねば(笑)

 

 

私が入社してすぐに会社のお花見があった。

会社のお花見と言っても毎年恒例に行われている

わけではなく、その年たまたま行われたお花見。

 

私が所属した当時写真製版課という場所。

 

今でこそチラシの作成はパソコンでの作業だけれど

昔は写真を4色分解したものをフィルムに貼り込んで

大きなプリンターで専用のフィルムに何回も

焼き混んで版をつくる。

私はその版を作る仕事をしていた。

 

細かい作業だったけどわりと好きだった。

 

写真製版課の写真の男女比は男7:女3くらい。

私たちが作った版を印刷版に焼き込んだ物が

印刷課の人達へ渡されそこで紙に印刷されて

チラシの完成となる。

 

印刷課の社員は男性のみ。

 

私が入社したひとつ前の年くらいから

製版課の女性と印刷課の男性との交流が

盛んになったらしい。

 

で、私が入社した年

若い女の子が今年も入ったぞ!!ってことで

開催されたお花見(笑)

 

 

製版課の女性の先輩に誘われて

お花見に参加することに。

 

思えばまだ桜は咲いていたし

入社が4月初日だったことも考えると

入社数日でお花見だったのよね。

 

まだ、たいして自分の部署の先輩たちとも

交流が深まっていないのに他部署の人との

お花見交流会。たぶん当時の私はきっと

どきどきしていたことだろう。

 

もう忘れちゃったけどね、

あの時の気持ちなんて(笑)

 

お花見当日はどうしても外せない用事があって

お花見に遅れて参加することになっていた。

 

お花見の会場は交通の便が悪い場所だったので

最寄の駅まで印刷課の人が迎えに来てくれることに

なっていた。

 

でね?ここからが大事なところだから!!

テストに出るからよぉ~く聞いて!!

って嘘ですけど(笑)

エイプリルフールはもうとっくに過ぎてるし!!

 

しかも何?テストって(笑)

なんのテストよねぇ?

 

 

このとき、私を迎えに来てくれた

白馬の王子様が今の旦那です。

 

実際は白馬じゃなくて

真っ赤なスポーツカー(RX-7)で登場(笑)

 

あ、そもそも白馬の王子様だなんて

メルヘンチックに言ってみたけど

王子様だなんて思ったこと一度もないけどねーーー(笑)

 

 

 

ブォンブォン言っちゃうようなぶっといマフラーに

段差が怖いぜ!ってくらい低い車高。

正直、すんげー車の人が来ちゃったな、

どんないかつい奴が乗ってるんだ??って思ったよね(笑)

 

で、降りてきたら何よ。

真っ赤なスポーツカーが全然似合わない

人の良さそうな、いいとこのお坊ちゃんみたいな人。

思わずプッと吹き出しそうになったっけな。

 

あ、実際は全然いいとこの

お坊ちゃんなんかじゃなかったけど(笑)

 

あの日、初めて旦那に会った瞬間のことは

今でもなんとなく覚えているな。

 

人間、ギャップに弱い生き物なのかもしれません。

 

あまりにもスポーツカーが似合わないそのギャップに

その時既に、少し惹かれ始めていたのか・・・・

どうかな? わかりませんけど(笑)

 

当時の旦那は女の子は好きだけど

話すのは苦手なシャイボーイでした(笑)

車に乗った私と何か話しをせねば!と

思っていつつもうまく話せないといった感じ。

私が話しかけるとひたすらにこにこして

くれていたような気がする。

 

 

あの日、私がお花見に遅れていかなければ

旦那は印刷課のその他大勢の男性の中の1人で

印象に残ることもなく、その後お付き合いに

発展することもなかったかもしれない。

 

そもそも、お花見のお誘いを受けても

いや、知らない人ばかりですし、

いいです、やめておきます・・・なんて

出会いの場を放棄していたら今頃

私まだ独身だったかもしれないしね。

 

 

若い人達にはたくさんの人と

出会ってもらいたいと思う。

 

旦那とは出会って20年以上経って、

8年という長い交際期間を経て結婚し

6月には結婚15周年を迎える。

 

この結婚が成功だったのか失敗だったのか

それはわからない。

喧嘩をしたりすると、心底嫌だ、大キライと

思う日も多々あるし。

 

もっと他にいい人がいたんじゃないか?と

思えてならない日も多々あるし。

 

ただ、何をどう考えても

もう一度人生をやり直すことはできないし

やり直せたとしても幸せになれる保障はないのよね。

 

 

だから出会いは大切。

 

あの日、あの時がなければ今の自分はいないんだもの。

 

桜の季節。

 

皆さんにいい出会いがたくさんありますように!

そして私にもこれからもいい出会いが

沢山ありますように!!

 
f:id:akastubaki:20180403112922j:image

おしまい。