akastubaki’s blog

思い立ったが吉日日記。

どこかで誰かが。

ここ数か月、ブログを書き始めたころと比べたら
ブログを書くことが激減。

職場が変わったのが原因。

職場が変わってからというもの
生活が一変したと言ってもいいくらい忙しい。

帰宅してからの過ごし方も昼休みの過ごし方も
前とは全然ちがう。

こうしてブログを昼休みに書こう!と思える日は少ない。

疲れていたり、
買い物や用事を済ませなければならなかったり。

昼休みもフルに活用しないと生活が成り立たないくらい
それほど忙しい日々だ。


ブログに色々と書きなぐりたい。

楽しかったこと、ちょっとむかついたことなどを
たくさん書きたい、そう思っているけれど
なかなかできないのがもどかしい。


ブログ更新数が激減していても毎日のように
どこかで誰かが私のブログを読んでくれている?

私のブログの読者になってくれている人たちは150名ほど。

と言ってもこの150名が私のブログを必ず読んでいるかというと
おそらくそんなことはまずないだろう。

私だって読者登録をしているものの
読んでない記事とかたくさんあるし。

にもかかわらず、私のブログがたまたま何かの検索で
ひっかかったのかどうかは知らないけれど、
最後まで読んでいるとも限らないけれど、

アクセスしてくれる人が平均すると
だいたい一日100名ほどはいるようみたい。


記事を書いた日ならわかるけど、
まったく記事を書かずにいても平均するとだいたい毎日
同じくらいのアクセス数があってほんとに不思議。


ほら、なんかあれみたい。

本を一度書けば、あとは印税生活みたいな?(笑)

私のブログはただのブログだからアクセスが多くても
収入につながるわけでもなんでもないんだけどね(笑)


私の知らない場所で
 
どこかで誰かが私が感じたままに
書きなぐるようなブログを読んでくれている。


人ってね?


誰かが見ていてくれないとダメだと思うんですよね。


もし、誰も私のことなんて見てくれていなくても
きっと、誰かがどこかで私の生き様を見ててくれているはず!!

とか?

思い込んで(笑)

それを励みに日々を過ごす。


残念ながら
「あなたが居てくれるから私は頑張れる!」とか
「あなたが居てくれてよかった」とか

そんなドラマのようなセリフをはいてくれる人は
現実世界にはなかなかいないわけでして(笑)

だけど、
そういうの誰かが言ってくれないかなぁ・・・とか
漠然と憧れがあったり

常に、満たされたい願望があったりね。

人は欲を出したらきりがなく
どうなったら私は満足することができるのだろう?
どうしたら満たされた気持ちに浸れるのだろう?

なんて

こんなことを考え出すとそれこそきりがなくって困る(笑)


こんなことをここで書いてる私。


どうかしちゃったのかしら?


まぁ、いいじゃない。

たまには。


正直に、心のままに、これが私のモットーなんだもの。




さて、


仕事しますね。



おしまい。